直張りタイル外壁の補修には、「ビスクランプ注入工法」「ホールドビスクランプ注入工法」が最適です。

受付時間 平日 9:00~18:00

[正面図

[断面図]

タイル張り仕上げ外壁の下地モルタルや下地調整モルタルの進行した浮き・はらみを押さえ込んで補修。木製の面抑え材が押さえ込み時のタイルの割れを防止します。

工法の特長

押さえ込み+ビスクランプ注入工法だから、
進行した浮き・はらみタイルの浮きにもはがさず補修ができます!

  • 面押さえ材と締め付けアンカーで押さえ込み、下地の浮きやはらみを制御。
  • 既存タイルをはがさず補修ができ、騒音や廃材の発生を抑えます。
  • ビスクランプ注入工法で補修するので、10年保証をバックアップ。

特許取得!

ホールビスクランプ注入工法は、外壁タイルのはらみ浮きを押さえ込んで補修する画期的な特許工法です。

特許第5445957号

工法の用途

タイル張り仕上げ外壁の浮きでタイル張り付けモルタル層や下地調整モルタルの浮き上がりが著しく、通常のタイル浮き注入補修ができない故障タイルの補修。

こんな場合に効果を発揮!

  1. 外壁タイル仕上げ面に、はらみ浮きがある場合
  2. 注入時の圧力に耐えられずにタイルがはらみ、目地が破損する場合
  3. 注入孔の孔開けでタイルが落下する恐れがある場合
  4. 張り替え用タイルの保管がなく、タイルの意匠性が損なわれる場合
  5. タイル撤去時の騒音、粉塵等の制限があり、タイル張り替え工法が採用できない場合

補修方法

面押さえ材とアンカーボルト締め付けネジで、浮き上がりタイルを押さえ込み、平滑にした状態にして後、ビスクランプ注入工法で補修します。

施工工程

施工範囲の確認

テストハンマー等で打診し、浮きの状態と範囲を調べ、マーキングする。

使用材料&機材
● テストハンマー● マスキングテープ等

締め付けボルトの設置

浮きタイルを等間隔で部分撤去し、その中心部に電動振動ドリルで穿孔して、6øまたは8øアンカーとネジ切りボルトをセットする。

使用材料&機材
● 電動振動ドリル● 6øまたは8øネジ切りボルト
● 6øまたは8øアンカーボルト

押さえ込み面材の取り付け

第1押さえ材を下側にして、第2押さえ材を交差するように取り付け、ボルトにワッシャー締め付けネジをセットする。

使用材料&機材
● 電動振動ドリル● 押さえ込み面材● ワッシャー
● 締め付けねじ

浮き上がり部の平滑戻し

セットされた締め付けネジを浮き上がり部が平滑になるように徐々に締め、補修用注入剤が注入しやすい空隙(0.5mm 程度)になるように調整して締め戻す。

使用材料&機材
● インパクトドリル● 締め付けソケット

ビスクランプ注入工法

浮き部にエポキシ樹脂を注入後、特殊タッピングピン「BBクランプピン」をインパクトドリルで締め付け、タイル張り付けモルタル層や下地調整モルタル層の浮きを固着させる。

使用材料&機材
● 電動振動ドリル● インパクトドリル
● ビスクランプ注入工法

押さえ面材の撤去と掃除

押さえ込み面材を取り外し、打ち込みアンカーはそのままの状態で撤去タイルを張りもどし、目地入れ後、清掃仕上げをする。

使用材料&機材
● 撤去タイル● タイル接着剤● タイル目地材

自主検査

テストハンマーで打診し、注入状態を確認して不具合があれば補修する。さらに押さえ面材が影響して注入が十分でない箇所には、再度ビスクランプ注入工法で補修する。

使用材料&機材
● テストハンマー● 電動振動ドリル● インパクトドリル ● ビスクランプ注入工法

製品紹介

BBクランプピン

タイル目地幅5mm にも目立つことなく打ち込める皿頭形状のステンレス製タッピングピン。
高いねじ山と低いねじ山を組み合わせたハイ&ロー構造で抜群の保持力を生み出します。

[仕様]

材質 ステンレス鋼 SUS410 / スーパーパシペート処理
サイズ 径4.3mm、長さ32mm※1、頭部径4.8mm
コンクリート引き抜き体力※2 注入材あり 3600N/本
注入材なし 1700N/本

※1 下地の状態によって最適なピンの長さは異なります。
※2 ピンの埋め込み深さ 20mm

BBボンド

外壁浮き補修用として開発されたマヨネーズ状のエポキシ系接着剤。圧力をかけたときの流動性に優れているため、間隔の注入剤、アンカーピンの固定剤として適した材料です。

[仕様]

BBボンドR BBボンドW
主剤 硬化剤 主剤 硬化剤
主成分 エポキシ樹脂 変形ポリアミドアミン エポキシ樹脂 変形ポリアミドアミン
外観 淡白色マヨネーズ状 茶褐色マヨネーズ状 淡白色マヨネーズ状 茶褐色マヨネーズ状
密度(23℃) 1.16(g/cm3 0.99(g/cm3 1.16(g/cm3 1.01(g/cm3
混合比 主剤:硬化剤=2:1(質量比) 主剤:硬化剤=2:1(質量比)
混合粘度 66(Pa・s/23℃) 64(Pa・s/23℃)
可使時間 40±10 分(30℃、500g) 40±10 分(15℃、500g)